歯を健康に保つために
定期検診を受診しましょう
近年日本では、歯科に対して「痛みが出てから歯医者に行く」と言う考えではなく、
虫歯や歯周病を未然に防ぐ「予防歯科」の考え方が浸透してきています。
いつまでもご自身の歯で快適に過ごすために、定期的なメンテナンスを受けるようにしましょう。

痛くなる前の予防で歯が守れる

*

「年齢を重ねる=歯を失う」と言うことはありません
下のグラフは歯科医院との関わり方と残存歯の数の関係を年代別に比較しています。
そこからわかるように、歯を失うのは加齢のみが原因なのではなく、歯科医院での定期検診などでお口の健康状態を保つ取り組みを行っていたかどうかが、年齢を重ねた際の残存歯数として現れていると言えます。
また、歯みがき指導を受診してしっかりご自宅で歯みがきしている方でも80歳では5本程度しか残っていないことから、「歯みがきさえしていれば良い」と言うわけではないことも読み取れます。
定期検診ではお口の健康維持はもちろん、虫歯や歯周病などのお口の病気を早期発見して最小限の対処で済ませることもできます。ご自身の歯を多く残し、いつまでも食事や会話を楽しみ、治療の負担を軽減させるためにも、プロによる定期的な検診やメンテナンスを受けるようにしましょう。
年代別 歯科医院のかかり方と残存歯数

抜歯の3大原因をご存知ですか?

永久歯の抜歯原因

歯を失う原因は、ほとんど予防できる!
「歯を失う原因」は、1位が歯周病(歯槽膿漏)、2位が虫歯、3位が破折とされています。歯をできる限り残す上では、これらを防ぐ・予防することで歯を失うリスクを減らすことが重要と言えます。
横浜駅きた西口歯科ではまず、事前の検査で患者さま一人ひとりに潜むリスク・問題点を把握。その後、虫歯や歯周病に対しては、歯科衛生士によるケアやアドバイスといった適切な予防プログラムをご提案・実施するほか、破折に対しては、なるべく歯の神経を残せるよう歯科用顕微鏡マイクロスコープを用い見逃しのない・再治療のない超精密根管治療(歯の神経の治療)の提供を心がけることで、歯を失うリスクに対抗しています。

予防歯科で行う2つのケア

*

ご自宅での「セルフケア」と
歯科衛生士による「プロフェッショナルケア」で効果的な予防を
予防歯科には、毎日ご自身で行う「セルフケア」と、歯科衛生士が行う「プロフェッショナルケア」の2つのケアがあり、どちらか片方のみのケアでは予防効果を充分に発揮できません。
ご自宅での毎日ケアと定期的な歯科医院でのケアの両方を行い、虫歯や歯周病を徹底的に予防しましょう。

ご自宅で行っていただくセルフケア

  • *
    歯みがき
    歯みがきは一番身近な予防歯科ですが、毎日欠かさずに歯みがきをしている方でも無自覚な磨き癖があったり、歯ブラシの種類があっていなかったりなど、”最適なブラッシング”を行えていない方も多いです。また、自身ではしっかり磨けているつもりでも実は磨き残しがあったり、磨く力の強さが原因で歯や歯ぐきを傷めていらっしゃる方も…。
    当院では歯みがきを適切に行っていただけるよう、患者さま一人ひとりに合ったブラッシング方法や歯ブラシ選びなどの指導を行っています。

    歯科医院でアドバイスをもらった適切な歯ブラシでも、毛先が開いて歯に当たらなければ意味がありません。
    1ヶ月に1本を目安に交換し、常に歯ブラシを”しっかり磨ける状態”に保つようにしましょう。

    • フッ素入り歯みがき剤
      より効果的な歯みがきを行うために、歯質の強化や虫歯の発生・進行を防ぐ働きのある「フッ素」を配合した歯みがき剤をおすすめしています。
      *
    • 歯間ブラシ・フロス
      歯ブラシでは届きにくいような歯と歯の間のとても小さな隙間まで汚れをきちんと取り除くために、歯間ブラシやデンタルフロスを併用しましょう。
      *
    • マウスウォッシュ・リンス
      就寝中はお口の中で細菌が繁殖しやすくなるため、就寝前に殺菌力のあるマウスウォッシュやデンタリンスを使用し、予防に努めましょう。
      *

当院で行うプロフェッショナルケア

  • *
    PMTC
    PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とは、歯科衛生士が特殊な機器を使用して行う歯のクリーニングのことを言います。
    歯ブラシでは届かないような隙間、歯に付着した細菌のかたまり「歯石」まできれいになり、歯の本来の白さと汚れのつきにくいツルツルな表面を取り戻すことができます。
    さらにPMTCは痛みもなく、うとうとしてしまう方もいらっしゃるほど気持ちが良いため、数ヶ月に一度、美容院やエステのような感覚で歯科医院へ通っていただけます。

    PMTCの流れ

    • 染め出し液でプラークのチェック

      染め出し液で
      プラークのチェック

    • *
    • フッ化物入りペーストを塗布

      フッ化物入り
      ペーストを塗布

    • *
    • 歯間や歯面をクリーニング

      歯間や歯面を
      クリーニング

    • *
    • 歯の表面をツルツルに仕上げ磨き

      歯の表面をツルツル
      に仕上げ磨き

    • *
    • フッ素塗布で歯質を強化

      フッ素塗布で
      歯質を強化

    • 口腔・歯周病検査
      より効果的な予防方法が提案できるよう、歯や歯ぐきの状態を確認するための各種検査と、過去の治療歴や生活習慣などを伺うための問診を行います。
      *
    • 歯みがきチェック・指導
      染色液を使用して磨き残されたプラーク(歯垢)を染め出し、普段の歯磨きでどれだけお掃除できているか確認。その上で、適切な歯磨き方法や歯ブラシの選び方を指導します。
      *
    • スケーリング(歯石取り)
      磨き残されたプラークは、石灰化することで歯石になります。歯石は固く通常の歯みがきだけでは除去ができないため、専門の器具を使用して徹底的に除去していきます。
      *
  • その他、フッ素塗布やシーラント填塞などを行います

ページの先頭へ戻る