健康な歯を残したまま
自分の歯のような生活を
歯の本数が足りていない方は、発音や食事、表情への影響から、
心身ともに悩まれていることが多いです。
失った歯を補う一手段として日本でも一般的になりつつある「インプラント治療」。
横浜駅きた西口歯科では、
お悩みを解決する一つの方法としてインプラント治療にも対応しています。

インプラント治療とは

*

「第二の永久歯」をつくり、快適な日々を
インプラントとは人工の材料・部品を体に入れることの総称で、歯科では歯を失ってしまった部分に埋め込む人工歯根に該当します。
インプラント治療では、そのインプラント(人工歯根)の上にアバットメントと上部構造(人工歯)を装着していきます。
歯を失った部分の機能を取り戻せることから「第二の永久歯を作る治療」とも言われ、天然歯とほとんど変わらない生活ができるようになります。

当院のインプラント治療の特長

  • *
    世界シェアナンバー1のインプラントシステム
    当院では、転勤先や旅行先などで万が一トラブルがあった場合に、対応できる医院がある確率が高く、今後もメーカーそのものがなくなってしまうリスクが少ないことから、世界シェアナンバー1の「ストローマン(Strauman)」というメーカーのインプラントを使用しています。
    また、ストローマン・インプラントはインプラント国際学術組織「ITI」と連携しており、豊富な症例報告、基礎研究報告がされていることから、信頼できる製品であると判断して採用しています。

    ITIとは?

    ITI(International Team for Implantology )とは、インプラント歯学と関連組織再生の分野における国際的学術組織です。生体工学から物理学、外科や歯科など様々な専門メンバーによって構成され、横浜駅きた西口歯科の院長も技術と知識を深めるためにITIメンバーに所属しています。
    多くの技術と治療の進歩をリードしているため、安全性や品質など、すべてにおいて日々進化し続ける、世界的にも優れた先進のインプラントと言えます。

    *
  • *
    感覚に頼った処置を極力無くすために
    インプラントの埋入位置は、安全性や最終的な被せ物の設計に至るまで大きな影響を及ぼす、非常に重要な要素です。当院では経験や感覚を頼りにした埋入処置を行わないよう、インプラント埋入手術の際に事前シミュレーションの通りの挿入方向と深度をアシストしてくれるシステム「サージカルガイド」を使用しています。
    その中でも、安全な手術を行うことはもちろん、設計の段階から審美面、長期メンテナンスについても考慮したサージカルガイド、「エールガイド」を使用しています。
    ガイド製作担当の歯科技工士と歯科医師がPCを通して打ち合わせできるので、双方の意図が伝わりやすく、細部まで完全に把握した、安全な手術を受けていただけます。

インプラント・入れ歯・
ブリッジの比較

*

患者様の安全を一番に考えた、最適な方法をご提案
インプラント治療は、周りの歯を削る必要がなく自分の歯のように噛める素晴らしい治療法として、近年多くの方から支持されています。しかし、他の治療と同様にリスクが伴うため、すべての方にインプラント治療を行えば良いということではありません。「入れ歯」や「ブリッジ(失った歯の左右の歯を削って人工歯を橋をかけるように被せる)」の方が適している場合もあります。
当院では治療に入る前に患者様のお口・お身体の健康状況を確認し、ご要望を伺います。強引にインプラント治療を勧めることはありませんので、まずはお気軽にご相談ください。
  • インプラント
    *
    • 自分の歯のような快適な噛み心地がある
    • 天然歯とほぼ同等な美しい見た目
    • 治療のために健康な歯を削る必要がない
    • 周囲の歯に負担をかけない
    • 自由診療(保険適用外)になるため、治療費が高くなることがある
    • 他の治療と比べ、時間がかかる
    • 手術が必要
  • 入れ歯
    *
    • 保険診療内での治療で費用軽減ができる
    • 比較的治療が簡単なので短期間で終わる
    • 自由診療の材質を選択することで、見た目を天然歯に近付けることが可能
    • 硬いものが食べにくい
    • 入れ歯に食べ物が挟まることがあり、虫歯になる危険性が生じる
    • 保険診療の部分入れ歯は場所によって金属が見えてしまうことがある
  • ブリッジ
    *
    • 保険診療内での治療で費用軽減ができる
    • 自由診療の材質を選択することで、見た目を天然歯に近付けることが可能
    • 他の治療と比べ、短期間で終わる
    • 自分の歯のような快適な噛み心地がある
    • 周りの健康な歯を削る必要がある
    • 支えとなる左右の歯に負担がかかる
    • 歯肉との間に食べ物が挟まることで、虫歯ができる危険性がある
    • 支えとなる左右の歯や、多数〜全ての歯を失った場合には適用できない

インプラント治療の流れ

  • *
    カウンセリング
    横浜市の歯医者 横浜駅きた西口歯科では、インプラント治療を始める前に必ず問診・カウンセリングを行い、より最適な治療プランを提案できるようにしています。
    歯を失ってしまった原因やインプラント治療に求めている回復などの治療自体に関わることから、不安やお悩みなど患者様のお気持ちも伺います。安心して治療に取り組んでいただきたいので、些細なことでもお気軽にお申し付けください。
    1
  • *
    精密な検査
    レントゲンやCT、口腔内の写真撮影・検査、血液検査など精密な検査を行い、患者様のお口、あご、お体全体の状態を把握していきます。
    ※検査結果次第でインプラント治療を受けられない可能性もあります。ご了承ください。
    2
  • *
    検査結果に基づいた治療計画を立案
    カウンセリングと検査結果から立案した治療計画を患者様にご提案します。
    当院では患者様に十分検討していただけるように、理解・納得された上で治療を開始する、インフォームド・コンセントを徹底しています。
    必要なインプラントの本数から治療にかかる期間や費用など詳しく説明していきますが、もしご不明な点がありましたらお気軽にご相談ください。
    3
  • *
    安全に手術するための前処置
    インプラント手術を安全に行うためには、口腔内の環境を整える「前処置」が重要です。
    虫歯や歯周病がある方はその治療を行って口腔内をきれいにし、インプラント治療に対してあごの骨が少ない場合は骨の再生治療などを行います。
    4
  • *
    インプラント埋入手術
    万全な体制で手術が行えるよう、インプラント埋入手術の前に綿密なシミュレーションをして最適な埋入位置を入念に確認し、実際にその埋入を正確に行うためのサージカルガイドを作成します。
    シミュレーションと作成したサージカルガイドを基に、安全・確実にインプラント(人工歯根)をあごの骨に埋め、同時にアバットメント(土台)を連結させます。
    手術が完了しましたら、翌日以降から普段通りにお過ごしいただけます。
    *

    お口・お身体の状態やインプラント埋入位置によっては、「2回法」と呼ばれる手術を2回に分ける方法を採用します。
    1回目の手術でインプラントのみを埋入し、治癒期間を置いて骨との結合を待ち、2回目の手術で埋入箇所を再度切開し、アバットメントを装着します。

    5
  • 治癒期間
    安全に治療を行うためにもインプラントとあごの骨がしっかりと結合するように、埋入手術後は上部構造(人工歯)の装着まで治癒期間を置きます。
    治癒期間は骨の質などの違いで個人差がありますが、上顎で4ヶ月〜6ヶ月、下顎で2ヶ月〜3ヶ月ほどの期間がかかります。
    この期間に仮歯を利用していただくこともできますので、必要な場合はお気軽にお申し付けください。
    6
  • *
    上部構造の製作
    インプラントとあごの骨が結合し、治癒期間が終わりましたら上部構造(人工歯)の型取りを行います。
    上部構造は型取りから1〜2週間後に完成します。
    完成後、上部構造を装着し、様子を見ながら噛み合わせの調整をしていきます。
    7
  • *
    メンテナンス
    インプラントは人工歯根なので虫歯になることはありませんが、インプラントを埋入した箇所が歯周病になることがあります。
    歯周病は悪化するとインプラントを支えている骨を溶かし、インプラントを抜け落としてしまう危険性もあります。インプラントを長持ちさせるためにも、残った健康な歯を大切にするためにも、ご自身での毎日のケアはもちろん、治療後も定期的にメンテナンスを受けるようにしましょう。
    8
ページの先頭へ戻る